ある日、お姉さんから郵便がとどいたきなまつさん(@ssoyflour)。箱の外観を見た瞬間、唖然としました。

届いたダンボールの外観は、2円切手でびっしりと覆われていました。その数かぞえる事、なんと、300枚にもなったそうです!!皆さんは、こんなに大量の切手で覆いかぶされた郵便物を見たことがあるでしょうか。たぶん、ない方がほとんどだと思います。
【姉からのプレゼント】である郵便物の中身は一体何なのか?
段ボールの外観を見て、思わず中身を予測してしまったきなまつさん。まさかあれでは?と。。。きなまつさんの予想通り中身は当たっていました。

2円切手がびっしり貼られた段ボールの中には、大きな2円切手のクッションが!!
「姉からこんなの届いたんだけど…」ときなまつさんがTwitterに投稿すると、多くの返信がありました。

このプレゼントもらえたのには、1週間前にしたお姉さんとのやりとりがことの始まりでした。『切手クッション』のことを知ったきなまつさんは、お姉さんに「これ可愛い」とメッセージにて伝えたそうです。




ちなみにお姉さんは配置も考慮して計2時間かけて切手を貼ったとか・・・。送料の切手は、200枚分で足りていたみたいですが、結果的には計量時の手違いで100枚多い300枚ぶんを貼ることになってしまったみたいです。

受け取り後は普通に「ありがとう」と伝えたとともに、「暇なんだね」「気持ち悪い」と伝えました。

「受け取り後、お姉さんになにかメッセージしましたか?」と聞いてみたところ、このようなコメントがきなまつさんからかえってきました。ユーモアあふれるエピソードから、お姉さんとの仲が手に取るようにわかりますね。さぞかしお姉さんもうれしかったでしょう。
こちらのクッションは、『切手クッション』と呼ばれ、もちろん日本郵便公式のグッズです!
切手の中でも特に人気を誇るものが『ふみの日にちなむ郵便切手50円(2013年発行)』と『普通切手2円 エゾユキウサギ』デザインになります。

これは、インターネットを通して実際のクレーンゲーム遠隔操作が可能な『ネットキャッチャー』で入手することが可能です。2017年1月19日から景品がなくなり次第終了とのこと!「ほしい!」という方は急いでみて!ぜひチャレンジしてみてください♡

出典元:twitter