「妻が弁当を持たせてくれるんだけど、中身がひどいんだ…」

そんなことを言う同僚がいたらあなたはすかさず、「贅沢なやつだなぁ、お弁当を作ってくれるなんていい奥さんじゃないか」返しませんか?

ですが、この愛妻弁当を見たら返しは一変して、「あ、ああ…そうだね」とうなずくしかありません。
そうして、そのあとすぐに「何故???」と首をかしげてしまうことでしょう。

黒い! え、チョコボール!? なぜ??? 食後のおやつ???

この投稿はInstagramユーザーd.aiyuさんによるもの。お弁当のコメントは「その辺にあるものを弁当箱に詰める。おかずなんてない」「水筒の中身はだいたい水道水」とのこと。

「~○嫁の弁当日記~」と題されていますが、投稿のハッシュタグには「#鬼嫁弁当」とはっきり書かれていて、「~○嫁」が意味を成していない…

写真は多分2月4日のもの?、
「残り物」と言ってもおかずではなく、節分の豆。「#鬼は嫁」と付けられたハッシュタグに涙が出そう。

白いご飯に、たくあんの、それもいかにも切れ端。
このすきまも悲しい…




「ロウリュ」とは、フィンランド式のサウナで、日帰り温泉やスーパー銭湯などにあります。奥様、ハマっているんですかね。
「今日行きます。」というメッセージかな?

やっとおかずになる材料が! しかしブロッコリーのみ。それもご飯の上に、さらにマヨネーズなどの味付けもなし。

何で保冷ボックスに???

カップ麺なのに???

なおさら保冷ボックスは必要ない?
しかもコンビニ激辛ラーメン!お昼ご飯?

d.aiyuさんの投稿は2017年2月時点で600件以上。「鬼嫁弁当」と称しながらも、「今日はどんな中身だろう?」とワクワクしてふたを開ける姿が目に浮かびます。なんだか幸せそうにも見えてしまいます。

「笑ってもらえると幸いです」とのことなので、余計なことを考えずに大いに笑いましょう!

出典元:girlschannel