SNSに掲載する用の面白い画像が欲しいときに役立つのが、顔を入れ替えてくれるアプリです。

ディズニーランドに来て記念の写メをSNSに載せるときも、アプリを使えばこのような面白い写メが撮れます。少し不気味ですが、この不気味さが面白いですね。
そしてこの画像から分かる通り、アプリの認識する顔は本物の人間でなくてもOKなのです。本物の人間でなくても顔が交換でき、自動で顔認識するという機能ゆえ、時には撮影者の意図しない加工がされることがあります。
こちらのウッディと顔を交換した写メは撮影者の狙い通りに顔を交換できた成功パターンですが、今回は失敗したパターンの更に面白い画像をいくつか載せたいと思います。

こちらの写真もウッディと顔を入れ替えた写真ですが、元の本人の顔が見当たりません。
しかし小さな場所までよく探してみると…

いました!
真実の口みたいになってます(笑)




これもウッディと入れ替わった画像ですが、元の顔は別のところに!
偶然通った人のシェリーメイバッグと融合してしまいました。

こちらはなんと、Tシャツに描いてあるサングラスとヒゲが顔と認識されてしまいました!
まるでハンプティダンプティ。
そしてこの画像でわかるように、どうやら同じ高さに目っぽい形2つとその下に口っぽい形があれば、顔と認識してしまうのです。

ここまで顔の範囲が広いと、いくらでも面白い画像が作れそうです。
SNSに面白い画像を掲載したいと悩んでいる方は、顔交換アプリを試してみてはいかがでしょうか。

出典元:academic-box