ビジネスシーンではたった一度の失敗でも許されることは少なく、大変な事態を招くことがあります。だからこそ失敗してしまった時は、焦ってしまい更なる失敗を重ねてしまう可能性が高いです。

失敗に失敗を重ねてしまった場合は取り返しのつかないことが多いですが、その失敗が面白すぎて相手が許してしまうということもあります。
そんな面白い失敗をした送付所がツイッターで話題になりました。
Twitterユーザーであるゆゆ(@yuyu_ovo_)さんが取引先から送られてきた送付状をツイッターにアップしたところ、2万を超えるリツイートとお気に入りがされました。

こちらが話題になった送付状。
「請求書、間違えてしまい申し訳ありません。再度お送りしますので、ご確認よろしくお願いします。」と書きたかったのですが、焦りすぎて「ありますん」「サイド」と変な誤変換をしてしまったのです。
「ありますんサイド」という語呂が面白すぎて、怒る気も失くしてつい笑ってしまいますね。
あまりに反響が大きくて




と焦っているようです。

今回のように笑って済めばいいですが、これはラッキーなパターンです。笑ってくれない人もいるので、失敗しないことが第一です。予測変換を使うとこのような失敗は多いので、注意が必要です。ビジネスシーンで文章を相手に送る際には、予測変換でおかしな文章になってないかよく確認してから送りましょう。

出典元:cadot