この広告がやたらと印象に残る!?→面白奇妙な宣伝文句たちwww※画像多数あり

1,220 views

広告や宣伝というのは、人目についてなんぼ、というところがありますよね。
いくら美麗で整っていても、何も印象に残らなければ広告としては失格です。

逆に、何の意味があるのかパッと見ではわからないような広告や宣伝でも、それを見る側にインパクトを与えられるのであれば、それだけで意味があるという発想もあります。
シュール系のCMやキモ可愛いキャラクターなどは、そういったタイプの宣伝方法の一つかも知れません。

今回ご紹介するのは、街中で見かけるような張り紙や宣伝広告。
情報に溢れた現代では、自分の興味の湧かない広告なんて視界に入っても記憶に残らないものでしょうけれども、中には一味違うものもあるのです。

一目で義理とわかる!
これは上手く心理の逆を衝いてきますね。

「予約状況の確認」と言いつつ。
ですが、このお店なりの謙遜という可能性も?

発熱や嘔吐の場合の面会お断りポスター。
その激しさに笑えますが、考えてみると怖いですね。

ご存知、宮沢賢治の『注文の多い料理店』が元ネタ。
入るとたくさんの注文をされてしまいそう。

無印、LOFT、タワレコの掛け合い広告。
これはなんだか和んでしまいますね^^
インパクトというのは大事ですが、それにもいろいろなタイプがあるということがわかります。
普通は商品の高級感などを売りにするはずが、敢えて手軽さや廉価さをアピールしたり、「お断り」感を強調するため、症状を大げさな図にしてみたり。

その発想に感心してしまいますね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑