やたらとしつこい新聞の勧誘、一度断ってもまたやって来る、そんな経験はありませんか?
その地域を担当する拡張員にもよりますが、断っても何食わぬ顔でまた押しかけてきます、その対応には嫌気がさします。

本当に必要であれば、連絡先だけ教えてもらっておけばこちらから連絡するというのが、ほとんどの人ではないでしょうか。

しかし、こちらの都合などおかまいなしに拡張員や営業職の人は仕事だからと、あきらめることなく何度もやってきます。

そんなしつこい勧誘に対し、ある人が行った対応が“斬新”とTwitterで話題になっています。
話題の投稿者は、琥珀銀@kohakuginさん。

琥珀銀さんは、あまりに新聞勧誘がしつこいのでiphoneに搭載されている人工知能「siri」
に対応を任せました。

このやりとりには多くのコメントが寄せられました。

営業で各家をまわる方たちも、今の時代は大変そうです。訪問したからと言って、まともに相手してもらえるとは限らないからです。だからといって無理にやり過ぎると、拒否反応を示されたり、ネタにして面白がる人などが増えて、話を聞いてもらうどころか逆効果になってしまう気がします。難しいとは思いますが良識的な範囲でお願いできればと思います。

出典元:cadot