「産みの苦しみ」という言葉があるように、出産は大変な試練です。
昔であれば、出産時に母親が命を落としてしまうことも少なくありませんでした。
「十月十日」と言いますが、10か月間、お腹の中に赤ちゃんを宿して過ごすことでさえも大変なことですよね。
マタニティブルーになってしまうお母さんも中にはいると聞きます。

さて、そんな大変な出産ですが、そんな重大な出来事なのについつい笑ってしまう場合もあるようです。

出産のもの凄さにフラフラで、つい事務的な返答をしてしまったのでしょうか。
いつも冷静なお医者さんも爆笑だったようです。
他にも出産にまつわる爆笑エピソードがいろいろです。

はまってたんですね、三国無双に…。
呂布…一番強い奴が来てしまうほどの痛み!
叫びがまた凄まじいですね!

せ、先生…、そうかもしれないですけど、そんな返答って…。
でももしその痛みを教えてあっても、実際には想像を超えてくる痛みなんでしょうね。

ご主人!こういう場合は猫じゃないでしょ!
ドラマだと、妊娠って決まってるじゃないですか!
天然なご主人、そわそわして猫の写真を待っていたかもしれませんね。

夜の営みを「ポケモンする」、なかなかいい表現ですね!
なんだか、楽しい家庭が想像できます。

出産と一言で言っても、人それぞれですね。
お母さん達も命がけで赤ちゃんを産むためにがんばります。
その思いを考えると、本当に頭がさがりますね。
日頃から、自分を産んでくれたお母さんにありがとうの気持ちを伝えてみませんか。

出典元:academic-box