勝地涼、観劇に来ただけなのにまさかの罰ゲームを受ける…その理由とは・・・??※画像あり

古田新太さんをはじめ、多くの有名俳優たちが所属していることで知られている「劇団☆新感線」。
現在は、阿部サダヲさんや松雪泰子さんが出演する「髑髏城の七人 Season鳥」の公演が行われています。
そんな「劇団☆新感線」の公演会場で、ある珍事が起こって話題となっています。

7月15日の公演、なんと、俳優の勝地涼さんがロビーで物販を行っていたのです!

実は、以前に「劇団☆新感線」の舞台を見に行った際、観劇の時間に遅刻してしまった勝地さん、そのときの罰ゲームとして、この日ロビーで物販をさせられていたのです。

幕間の休憩時間にもせっせと罰ゲームに励む勝地さん、その存在に気づいて近づいてくるファンに対しては写真撮影や握手に応じるなど、終始神対応を見せていたそうです。

これまでも稽古への遅刻や忘れ物に対して、舞台で歌わせたり、ダンスを踊らせたりといういろいろな罰ゲームを課してきました。罰ゲームは予告なく行われるため、ファンにとっても1つの楽しみとして知られていました。

勝地さんはこれまで「劇団☆新感線」の舞台に3度出演、歌やダンスなど5回もの罰ゲームを受けてきました。
そんな勝地さん、6回目が自分が出演しない舞台会場で行われるとは思ってもみなかったでしょう。

勝地さんは自身の劇団を旗揚げ予定です。俳優仲間の笠原秀幸さんとともに「ともだちのおとうと」という演劇ユニットを結成し、9月に旗揚げ公演を行います。30歳の若さで今後のライフワークにしたいと劇団を立ち上げるその行動力に驚かされます。9月の旗揚げ公演の成功と今後の彼の活躍をお祈りいたします。

出典元:spotlight-media

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑