「鈍器」や「サファイヤよりも固い」と言われている井村屋のあずきバーですが、その固さが活かされた日本刀アイス「あずきバー」が登場し注目されています。
刃物の街として有名な岐阜県関市と共同制作されたのです。

9月28日に披露された日本刀アイス「あずきバー」は約65cm(全体約87cm)で実物大なのです。

関市の定例記者会見でアイスソードの発表があると、井村屋の公式ツイッターのアカウントに市長がツッコみました。

さらに尾関健治さんもコメントしていたのです。

新聞紙の記者から「その口の開け方は下品だからやめよう」と指摘された写真が出てきている。
いつもノリノリで関市とコラボしていただける井村屋さん、ありがとうございます。

これに対して井村屋からも返信がありました。

これぞ「Twitter映え」な写真だと思います。つまり、弊社に画像を送ってきてくれた関市の担当者さんもノリノリということですね。とコメントしていたのです。

固いアイスとして有名な「あずきバー」このアイスが高校生によるアイディアで変身するのです。
いったいどのように変身したのでしょう。




あるツイッターユーザーがあずきバーの製造方法を投稿したことで、関市の関鍛治伝承で、行われた古式日本刀鍛錬の実演の様子を紹介していたのです。
あずきバーが固いのは関市の刀匠の鍛錬によって鍛えられたこと

これを見た井村屋の公式ツイッターアカウントが「社外秘密が漏れてしまった」とノリノリで反応していました。そして井村屋の会長が関市に表敬訪問するなど親交が深くなったのです。

他にもツイッターユーザーがコメントをしていて、

「日本刀あずきバーはかたいんだろうなあ」

そして新たにご当時名物を目指した高校生のアイディア「日本刀アイス」を企画し、刃物まつりが約50年を迎える時に実現したいと考え、企画を井村屋に提案して日本刀アイスが作られてのです。

武器にできるとは思っていたけれど刀になると思わなかった。あずきバーは美味しく食べられるし、身も守れるとコメントしていました。

ちなみにこのアイスソードは、10月の7.8日に関「第50回 刃物まつり」関鍛治伝承館で展示します。

制作している時の話を聞いた所、関市経済部商工課に聞いてみると「関市と井村屋の固い絆によって実現した」といった回答もいただきました。

出典元:feely