自分の学生時代を思い出してみてください。
通っていた学校は校則が厳しかったですか?どんな学校でも1つや2つ校則がありますよね。
卒業し大人になった今考える「なぜあんな校則があったのだろう」と大したことのない校則も、学生時代の時はとても窮屈に感じたりします。
高校生のKaito(@nocchi_6_1_9_)さんが通う学校にも、さまざまな校則があり、そんな校則を破ると『反省文』を書かなければならないそう。
しかしこの『反省文』がtwitterに投稿され話題になっているんです!

学校でスマホを没収され、『反省文』を書いたKaitoさん。Kaitoさんが『反省文』を書かされることになった理由は「昼休みに、スマホで西野カナさんの曲を聞いたこと」が先生にバレてしまったことが原因だそう。

そしてTwitterに投稿された話題の反省文がこちら!

『反省文

行為の内容:
教室でうっかり西野カナの「会いたくて会いたくて」を再生してしまったこと。

日時:
昼のおねむの時間。

平成29年10月20日午後13時25分ごろ、僕は教室で自分のスマートフォンを使い、西野カナの「会いたくて会いたくて」を再生してしまいました。

思えば、ここ2週間ぐらい、なぜか西野カナのことがずっと気になっていました。スマートフォンにこの曲を入れたのもたった3日前のことです。

高校3年生にもなって西野カナの曲を聴くことは大変恥ずかしいことだということは、私も分かっております。彼女が三重県出身だからといって許されることでもありません。

だから、今日のお昼休みの出来事はほんの出来心というほかありません。




本来高3にもなれば、西野カナなどを卒業して、コブクロなどを聴くのが当然だと思います。通学中には「夏色」を聴き、勉強に疲れた時には「虹」を聴き、くじけそうな時には「栄光の架け橋」を聴くべきだと思います。

あ、すみません。これらの曲は、ゆずでした。

音楽は単なる娯楽というだけでなく、人間を成長させてくれるものでもあります。

これまでのような「Ah なんで好きになっちゃったのかなぁ」や「会いたくて会いたくてふるえる」などの薄っぺらいフレーズに涙していた己を恥じ、これからは高校3年生にふさわしいモーニング娘。などを聴くことで、日本の未来をWow Wowしていきたいと思います。』

この『反省文』の中では西野カナさんの曲をディスるかのように書かれていますが、あくまでも冗談としてイジッただけなのでしょう。
とはいえ、『反省文』を書いた生徒が必ずしも反省しているとは限らないようですね。
しかしこれには以下のような多くのコメントが寄せられています!
・「文才ありすぎ!」
・「不覚にも笑ってしまった」

先生に出したら怒られそうな反省文に何故か賞賛の声が!ゆずの曲なら許されるのでしょうか⁈

今回の『反省文』はまだ先生に提出していないそうですが、なんとこのKaitoさんは2016年にも遊び心しかない『反省文』を書き、あやうく退学になりかけた経験があるようなんです!
果たしてこの担任は冗談が伝わる先生なのでしょうか?この後どうなったのかも気になりますね!

出典元:twitter