ある日、チャヴォさんのラインにこのようなメッセージが届きました。

バイトの帰りに歩いていると後をつけられていて、ストーカーかもしれないとラインが来ました。

このメッセージから切羽詰まっている様子がわかりますね。そんな友人に対してチャヴォさんは走ってみてと返信するのです。

チャヴォさんの言うとおりに友人は走って見たのですが、なんとストーカーも走って付いてきたのです。これはストーカーで間違いありませんよね。

家の近くの方でその辺は真っ暗なので友人は逃げる方法がないと焦っていました。
そこでこんな状況でチャヴォさんはこのようにアドバイスしました。

ストーカーされているかもしれないと友達からラインが来たチャヴォさん。そんな時どんなことをアドバイスしたのでしょうか。

逃げる方法がないと言う返信に対して、「白目剥きながらがに股で、奇声発しながら走り寄ってみて」と送ったのです。白目でガニ股、そして奇声を発する。




ストーカー撃退方法としては良さそうですが、実行するのには勇気が入りそうです。
しかし、あたりは真っ暗で人もいません。やるしかないのでしょうか。
その後返信がなく、焦っていると

ストーカーが悲鳴を上げて逃げていくという展開に!しかも逆に通報されそうになったというのです。みごとストーカーを退治したのでした。

この一連を見た人は、ストーカーも怖いけど、チャヴォさんのアドバイスを実行した友達はすごい。実際に現場にいたら怖いかも。ストーカーが臆病でよかったとコメントしていました。

夜道を女性一人で歩いているのは怖いですよね。この方法は効果がありそうですが、勇気が必要なのと一か八かの感じもします。行う時は慎重になりましょう。

あと、周囲に注意を払ってなるべく壁沿いを歩いたり、自転車に乗る、防犯ブザーを持つといった対策も必要だと思います。

出典元:iinee-news