ある日、ライトノベル作家のSOWさんはバスに乗っていました。

その時に車内には若いお母さんと5歳ぐらいの女の子が乗っていたのです。2人は、タブレットで仲良くアニメを見ていて、お母さんは娘さんにこのように言いました。

「セーラームーン面白いよ!」

1990年代に多くの女の子を夢中にした少女漫画の金字塔である『美少女戦士セーラームーン』同時期に放送されていたアニメも高視聴率でした。

セーラームーンが好きなお母さん。小さい頃に見て育ったのだと思います。しかし、娘さんはピンとこない様子で、こんなことを言っていました。

「古いプリキュアみたいなもんでしょ!」

プリキュアは、2004年から放送開始され、現在もたくさんの女の子の憧れです。

セーラームーン世代の人にとっては厳しい言葉ですが、知らない世代にとっては、このように見えてしまうのかもしれませんね。

しかし、セーラームーンが大好きなお母さんにとってはスルーすることができなかったようで、親子で仲良くセーラームーンを見ていた所、娘さんから驚きの一言が!

そんな娘さんに対するお母さんの反応が印象的でした。

『あン? お前、何いってんの?』

優しかったお母さんの顔が急変!ママの顔ではなくなったのです。




このようなやり取りをSOWさんは、Twitterに投稿すると、多くの『セーラームーン』世代の人々から、若いお母さんの行動を賞賛する声がありました。

娘はママの地雷を踏んでしまった。セーラームーン世代としては許せないよね。

セーラームーンは社会現象になった作品なのでプリキュアとは比べる対象ではないのでは?

笑えますね!子どもに目くじらを立てて怒るお母さん、最高です!

お母さんにとって『セーラームーン』は大切な作品なのかもしれませんね。
『古いプリキュア』と言った娘さんには悪気はなかったと思います。
もしかするとこの後セーラームーンを見て楽しんでいることでしょう。

出典元:twitter