古代の粘土板の発掘ってよくニュースになるけれど、
どんなことが書いてあるのかという内容までは
あまり表沙汰にはなりませんよね。

この度、解読を行った粘土板の内容がヒドいと海外掲示板で
話題になっているようです・・・


3750年前、メソポタミアでは世界最古の文明である
古代メソポタミア文明で栄えていた。

その当時のものとされる楔形文字が
刻み込まれた粘土版が発掘され、

書かれた文字の解読を行ったところ、
顧客のクレームであることが判明したという。

どうやらこれは、銅のインゴットを買った顧客が
その品質の悪さに腹を立て、

「粗悪品すぎる。金返せ」。

という内容の私信を貿易商に送った時のものだという。

石版の文字はナンニという顧客が、
貿易商であるEA-ナシルに宛てたもので、
現代語風に訳すると、このようなことが書かれていたという。

「おたくから買った銅のインゴットの品質悪すぎ!

いったいどういうことこれ?

とにかく払ったお金を返してちょーだい!」

 

大英博物館に堂々と飾られていた石版の中身が
顧客のクレームだったことで、
海外掲示板では盛り上がりをみせていたようだ。

当時銅は、一般的な取引材料として使用されていた。

チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野にある
メソポタミアでは、ペルシャ湾を介して銅産業の盛んな、
東アラビアのディルムンから銅の輸入を行っていたそうだ。

ちなみに古代メソポタミアではこの頃すでに
貨幣(硬貨)が使われていたそうで、4500年前の古い記録に
そのことが記されているそうだ。

もちろん粘土板に。

ちなみにこの粘土板は2003年のイラク、バクダッド美術館の
美術品盗難事件で流出したものと思われる。

盗難事件により多くの粘土板が失われているのだが、
他にもいろいろ見てみたいものだ。


出典元:カラパイア newscientist

古代のロマンが「金返せ!」(笑)

人の営みって3750年経ってもそんなに変わらないんだなと
かえって親しみが湧きました!

あなたはどう思いましたか?