「私と犬、どっちが大事?」彼女に問い詰められた彼氏の苦渋の選択とは・・・


アメリカ・バージニア州在住のカップルに訪れた危機・・・

彼女は彼氏に「私と犬、どっちが大事なの?」
と問い詰めました。

彼に愛犬モリーを手放すようにと迫ったのです。

究極の選択を迫られた彼氏。

やむを得ず地域情報コミュニティサイトの
クレイグスリストに出した広告の詳細がこちら・・・

喜んでもらって下さるお家に無料でお譲り致します

僕の彼女は僕のビーグル犬のモリーが嫌いです。

それで代わりの家を探しています。

純血で裕福な地域の出身で、4年間一緒でした。

ゲームをするのが好きです。

訓練は出来ていません。

毛が長くて手がかかるし、爪は特に大変、
でも全てがきれいに仕上がっているのが好きです。

夜通しうるさいけれど、僕が昼間働いている時は眠っています。

最高級のものしか食べません。

疲労困憊して帰っても迎えに出て来ないし、
落ち込んでいても慰めてくれたことはないです。

噛みはしないけど性格は超ひどいです!

こんなんだけど・・・

誰か30歳でわがままで最低でがめつい彼女いりませんか?

とにかく来て連れて行って!

僕と犬は速攻で彼女に代わりの家を見つけたいんです!

ビーグルなのに長毛!?

爪は特に大変!??

最高級のものしか食べない!???

おかしいと思いながら読んでいたら、
手放すと決めたのは愛犬ではなく彼女のほうだったw

この広告に対して・・・

「こんな彼女に素敵な彼氏と犬はもったいないよ!」

「犬を捨てるんだと思って最初はムカムカしたけど、
読んでいるうちにわかった!正しい決断だわ!」

「よくやった、
君には犬が必要だが純血のワガママ女は必要ない。」

「僕の彼女も私か犬かって聞いたんだ。
僕と犬はたまに彼女のことを思い出すよ。」

「恋人同士はついたり離れたりするけれど、
犬は一生の友達だからね。」

「人が大事にしているペットと別れろと言う相手なんて
一緒にいてもロクなことはないよ。」

「ウケる!?、うちの彼がそう言ったら私も同じことをするわ!」

「セットなんだよな。僕のことが欲しいなら犬も一緒なんだ。」

と、賞賛のコメントが!

広告文から察すると、この彼はかなり前から
彼女に愛想をつかしていたのでしょうか・・・

いずれにしても彼氏にとって家族同然のワンちゃんを
手放せなんて残酷な事を言い放つ彼女。

こんな出来事がなくてもいつか破局を迎えたに違いありません。

今度はぜひ動物好きの心優しい彼女に巡り合って
愛犬と共に幸せな時間を共有して欲しいものです。

出典元:Distractify 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑