1635年に三代将軍家光によって制度化された”参勤交代”。
画像引用元:YouTube 

大名の幕府への忠誠心を計るために、一年おきに江戸と大名の領地を往復させるというもの。

参勤交代といえばあの「下に~、下に!」の大名行列。

大名は、藩の力を見せつける為に大勢の家来を引き連れていて、その様子はとっても華やか。
画像引用元:YouTube 

しかし、その裏側は壮絶なものだったようです。

交通機関が発達していなかった江戸時代、当然移動手段は徒歩ですからかかる日数も半端ありません。

しかも少しでも費用を減らす為、1日の移動距離はなんと40km!

「加賀百万石」で有名な加賀藩では二週間ほど、九州の薩摩藩は一か月。

そして北海道の松前藩に至っては船も使ってなんと40日もかかっていたとの事。
画像引用元:YouTube 

松前藩のあまりの行程の大変さに将軍は、一年おきの参勤交代を「五年ごとで良い」と特例を出すほど。

しかも何百人、何千人という家来を従えて移動する大名行列、その宿泊代や食事代…

はたして1日に掛かっていた費用はどの位だったんでしょうか?