ニック・ジャンスさんは、アラスカのジュノーに住む自然写真家です。

愛犬のラブラドールとの散歩が毎日の日課なんだそうです。

2003年のある日の事でした。

いつものように愛犬と散歩をしていると、突然目の前に黒い大きな狼が現れたのです!

ニックさんは職業柄、これまでも野生のオオカミを安全な距離から撮影をしていたことはありました。

しかし、あまりの至近距離にニックさんは心臓が飛び出てしまうのではないかというほど驚いたといいます。




しかも、その時犬にはリードをつけていなかった為、犬が狼に近づいていってしまうのを恐れていたのです。

しかもその予感は的中し、愛犬はこの狼にどんどん近づいて行きました。
画像引用元:en.newsner.com 

ニックさんはもはやパニック…

しかしどうすることもできず、ただ見守るしかありません。

しかしこの後、予想外の展開となるのです…