【注意喚起】14歳の少女が死亡… 子どもに飲ませてはいけない飲み物とは・・・??

38,229 views

生活習慣病や認証などの病気に悩まされることなく、元気に長生きできることを誰もが願っているかと思います。

その長生きの秘訣は何よりも「食生活」が大切とも言われています。
でも、中にはその食生活の乱れが原因で、寿命を縮めてしまう人も大勢いるのです。
それほどまで、私たちが口にするものには命に直結することを改めて考えないといけません。

 

今回ご紹介するのはアメリカで起きた死亡事故。

なんと14歳の少女が「ある飲み物」(エナジードリンク)を飲んだことによって、カフェインの毒性による心臓の不整脈を起こし、亡くなってしまいました。

その時に摂取したカフェイン量は、480mg。
成人の1日のカフェイン摂取量の限度は400mgとされており、14歳の少女にとってどれほど危険な量か分かると思います。

この致死量ともいえる量を摂取した少女は、実はエナジードリンクを2本飲んだだけだったのです。私は2本は多すぎると思います。

少女が飲んだのは、エナジードリンクとして販売されている「モンスターエナジー」。

特に社会人や学生は疲れた時や元気が出ない時にエナジードリンクを飲むことがあると思います。

海外のエナジードリンクは缶1本を飲むだけで心拍数が上がるなど、体に異常が出る成分が含まれているそうです。

中には、アルコールの一種であるエタノールなどが含まれているものもあり、商品ラベルには子どもや妊婦が飲まないように注意書きがされているほどです。

しかし、その注意書きは目立つようには記載されておらず、子どもが誤って飲んでしまい、命を落とすというケースが後を絶たないのだとか、
今回、14歳の娘を亡くした遺族らは製造会社に訴えを起こし「そのドリンクが人を殺す可能性があることを知ってもらいたい」と世界中に訴えているようです。

ちなみに日本で販売されているモンスターエナジーのカフェイン量は142mg。
海外で売られているモンスターエナジーに比べカフェイン量は減っているそうですが、短時間で2~3本飲むことは非常に危険です。

また体質によっては、カフェイン100mgでも焦燥感が現れ、落ち着いていられないなどの異変を感じることもあるそうです。

皆さんもこのエナジードリンクによって「元気の前借り」をすることもあると思いますが、大量の摂取は控えるようにしましょう。

確かにモンスターエナジーは毒々しいと思ってました。それに、死に至るほどカフェインが入ってる事にびっくりしました。注意書きを徹底した方が良いですし、それより2本飲むとはどれだけ疲れてたんでしょうかな?ご冥福をお祈りします。

出典元:biz-journal

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑