日々生きていく中で、仕事や学校、人間関係でストレスを感じている人も多いと思います。
疲れ切った心で、うっかり嫌な気持ちになったりしていませんか?
そんなすさんだ気分であっても、ふと心温まる優しいシーンを見かければ、気持ちが穏やかに晴れていくことがあります。

今回は、周りにも幸せを分けてくれるような、ほっこりする出来事をご紹介します。

4年という月日が流れて、ようやく穏やかな気持ちで亡くなったお父さんの車の処分を考えたお母さんと娘さん。それでもやっぱり忘れられない、お父さんに会いたいという気持ちが伝わってきます。

だれかの優しい心に触れると、自分の心にも優しさがあふれてきますね。

家族に優しくするのって、ちょっと気恥しいもの。照れ屋の弟さんの優しさが嬉しいですね。

子ども達の無垢で純粋な心に、大人は時々はっとさせられます。




一生懸命考えて行動した子どもに、心を打たれますね。

他人の心無い行動にショックを受けた投稿者。でも投稿者の優しさが、ホームレスさんの優しさも引き起こしたエピソードです。

誰かのために願うって、なかなかできないことですね。

素敵な年の取り方をしたご年配の方々。ともに歳を重ねるって美しいと思わせるようなエピソードです。
いかがでしたか?
誰かの優しい心に触れると、自分も誰かに優しくしてあげたくなります。こんな優しさの連鎖が日々生まれていく日常だといいですね。

出典元:cadot