成宮寛貴の友人A氏こと真月スカイが、2016年11月に行った成宮寛貴とのメッセージのやりとりを公開しました。日本の法律を理解していないのか、自分に不利となる証拠を提示しています。

真月スカイがTwitterで公開したやりとりはこちら。

Facebookメッセンジャーを使って、成宮寛貴(HI RO)とやりとりしていて、これはまだプライベート写真を週刊誌に売る前のやりとりで、真月スカイが金銭的な要求をしていることが分かります、

真月スカイ「写真を売られたくなければ金よこせ。あとはこの電話番号にかけてブルシとやりとりしろ」

成宮寛貴「仕事は引退したくないのでなんとか解決したいと考えています。10万円でいいですか?」

真月スカイ「残念です。ひろきの仕事の熱意はそんなものだったんですね」

成宮寛貴「いくらですか?値段を言ってください」

真月スカイ「すいません漢字がわかりません。あとは上の人(ブルシ)とやりとりしてください」

成宮寛貴「弁護士と相談します。いくらですか?」

おそらく仲介担当がスカイで交渉担当はブルシなのでしょう。

真月スカイはこのメッセージのやりとりを成宮寛貴が悪いことをしていた証拠、そして自分がその証拠を持っている証明になっているとして公開しました。

しかし、それ以前にお金を要求しているので、真月スカイにとってかなり不利な証拠になると思うのですが、日本の法律を理解していないからこのような信じられないような行動に出るのでしょう。また、真月スカイは当初、週刊誌に情報を売った理由を「ヒロに悪いことをやめてほしかったから」と語っていたのですが、これでお金目当てであることがはっきりしています。




そこで、真月ブルシは週刊誌FRIDAYや文春に売り込みをかけて、この点について文春は記事にて「ブルシが100万円を提示してきた」と記していました。その後は出演料目的でテレビに出演したり、アフィリエイトを貼りまくったブログを公開しました。

真月スカイはこのメッセージのやりとりを公開した後、このような証拠を音声も含めて全て公開するとして有料ブログの公開を予告しました。有料ブログでは写真の無断転載で損するのを防ぐため、目標会員数に達したら記事を公開するというクラウドファンディングのような仕組みに似せる計画です。

例えば、1人500円で1万人の会員が集まれば500万円が儲かることになる。真月スカイは現在、そのサイト制作に取り掛かっていますが、もはや清清しいほどにお金目的ではないでしょうか?

マスコミには正義のために暴露に踏み切ったと雄弁に語っていたものの、実態は知名度の高い芸能人と近づけたことを利用してお金を引っ張ろうとしただけで、成宮寛貴は引退発表文で「複数の人が仕掛けた罠にはまってしまった」と語りました。

今の状況を見るに、まさにその通りだ。面倒な連中に絡まれた成宮寛貴はやはり被害者だったのでしょうか、

芸能人は大変ですね?特にお金を持ってるからでしょう、これからこういう事件が減りますように。

出典元:netgeek