春日井物流サービスという運送会社がツイッター上で炎上してると話題になっています。

原因はこのツイッターに、この会社の社員であるトラックの運転手がとった一連の行動を記録した動画がアップされたためでした。

この動画の中で、運転手はハンドルロックのようなものでこちらに襲い掛かっているのでした。

この運転手がなぜそのような行動をとったのか、それは・・・

その前に、問題となった春日井物流サービスとはどんな会社か?

春日井物流サービスは愛知県の小枚市にある運送会社で、主に小牧や春日井エリアをはじめ、岐阜県南部エリアを含む東海三県で近距離、中距離の運送を主に行っている会社です。

会社としてはさほど問題ある会社とは思えませんが・・・

この運転手がとった行動と、その結末は・・・?

一部始終はこうらしいのです。

投稿者が名古屋の踏切で一旦停止すると、うしろにいたトラックの運転手はなぜかわかりませんが、それに腹を立ててクラクションを鳴らしたそうです。

投稿者は意味が分からず、そのまま進んだのですが、信号待ちをしている時にトラックから運転手が降りてきて、こちらに向かって来ました。そして、その手には赤い棒、ツイッターの画像からおそらくハンドルロックと思われるものを持っています。

運転手はドアを開けようとしましたが開かないため、手にしていた棒を振り回し、車の窓を殴りました。ガラスには傷がついています。

この一部始終を撮った動画や画像があるツイートはなんと2万6000回以上リツイートされ、炎上しました。

動画では以下のやり取りがされていました。

春日井物流:降りてこい!
被害者男性:やめてもらえますか、警察に通報するんで
春日井物流:なんだあの急ブレーキは!
被害者男性:なんでクラクション鳴らすんですか
春日井物流:降りてこいっての
被害者男性:踏切ですよね、なんでクラクション鳴らすんですか
春日井物流:おい!はやくいけ!

また、この動画の中には加害者の運転するトラックも映っており、そこにははっきりと「春日井物流サービス」の文字があったのです。

車を傷つけられ、脅された投稿者は、警察にも通報しましたが、取り合ってもらえなかったとのことです。

ツイッターでは動画の拡散とともに同社への批判が殺到。
炎上する騒ぎになってしまった。

その結果、こんな結末に・・・

さらに、この運転手は、まったく反省の色もない対応。

そこで・・・

運転手の対応とその結果についてはコチラの投稿。

加害者の運転手では相手にならず、社長と直接話ができて、何とか納得のいく対応をしてもらい、一件落着!

この出来事について、ネット上では・・・

・しかもこれを春日井物流サービスって企業名のせた車でやるという凄さ

・あれは当たり前。まぁドライバーさんが高齢でよかった。
・わずか一日で壊滅的なダメージ被ってて
・求人応募してみっかなw
・給料上げないと人こないだろww
・こんな会社で働いてるのはゴミばっかww
・社長もびっくりしただろうねwネットのパワーにw

こんな事件はひと昔前であれば、泣き寝入りするしかなかったであろう出来事でしょう。

しかし、今ではこれをネット上に上げることで、炎上し、加害者側も放置できない状況になり、被害者も泣き寝入りすることなく解決の方向に。

改めてSNSの拡散力が与える影響は凄いと感じた出来事でした。

逆のケースもあるので、皆さんも普段の行動や言動には十分注意しましょう!

出典元:hitomoti