あるソフトクリーム屋さんに、ある日小学生の男の子と女の子が、ソフトクリームを買いにやってきました。
そのお店で働いているりょーたさんは、その小さなお客さんに心ときめいてしまったのでした。

その心のときめきとは、どんなものだったのでしょうか。

店にソフトクリームを買いに来た男の子と女の子。
男の子が「スプーンください。二人で分けっこします」と言ったのだそうです。

その彼の想いとは。

ソフトクリームを買いに来た男の子と女の子が、ソフトクリームを食べるためにスプーンを頼んだのは、二人で一緒に食べる為でした。
「間接キスは恥ずかしい」と言った男の子を見て、りょーたさんは、とても甘酸っぱい気持ちになり「か~!可愛いな~!」と思いました。

ソフトクリームを二人で食べることが、間接キスに繋がると考える男の子に、りょーたさんは、キュン!とせざるを得ませんでした。




ところが・・・その男の子の言葉を聞いた女の子は「○○君なら、別に」と、消え入るような声で言ったのでした。

りょーたさんは、”間接キスになるから恥ずかしい”という男の子に、「可愛いなコラ!」と思っていたのですが、女の子が「○○くんなら別に」と言う二人の様子に、つい”末永く幸せに”との思いから、ソフトクリームを大盛りにしてしまったのだそうです。

何とも可愛らしく幸せなエピソードに、ネットでは多くの人が・・・
・このまま成長してほしい
・可愛すぎる
・青春かと悶えています

この後、この二人は仲良くソフトクリームを分け合って、美味しく食べた事でしょう。
でもスプーンはどうなったのか、少し気になりますね。

甘いソフトクリームより、もっと甘いこのエピソードに、自然に笑みが出てきますね。

出典元:twitter