皆さん、iPhoneを使いこなしていますか?
実は、知らないという機能がまだまだあるのではないでしょうか。

iPhoneの中には「利用頻度の高い位置情報」という機能があります。
これは、ユーザーの行動履歴を記録する機能。
ユーザーに合わせた予測交通経路指定のようなサービスを提供する際に使われます。
初期設定ではオンにされているそうです。

同意なしにAppleに送信されることはありませんが、自分の行動が記録されているとは、ちょっと驚きですね。

では、どんな風に設定されているかというと…。

実際どのように設定されているのか確認してみましょう。
まずは「設定」のアプリを開き、「プライバシー」を開きます。

次に「位置情報サービス」を開きます。

そして「システムサービス」を開きます。




次に「利用頻度の高い位置情報」を選択します。
オンになっていると…

ユーザーの行動履歴がバッチリ出てきます。

表示されている箇所を選択すると、ユーザーの行動範囲が特定されます。
あっという間にできましたね。

この機能を知っている誰かにうっかり見られると、速攻であなたの行動がバレてしまいますよ!
必要がなければ消去して、機能をオフにしておく方がいいかもしれません。
パートナーにこの機能を使われると、知られたくないことまでわかってしまうかも…。

後ろめたいところがある方は、どうぞご注意くださいね!

出典元:wadai-no-news