冬の街角で声をかけられた男の子達。

年齢は11歳、9歳半、7歳、8歳・・・

名前や歳などを聞かれ、
「大きくなったら何になりたい?」
という質問には

消防士、サッカー選手、パン屋さん、警察官

と、子供らしい答えが返ってきます。


そこに可愛い女の子が登場!


「彼女のことをどう思う?」という質問に
「目が好き」「靴と手が好き」
「かわいいね!」と嬉しそうに答えます。

「じゃ、彼女を優しく触って」と言われ、
少し照れながら肩やほっぺを触る男の子達。

「彼女に変な顔して」
という指示にも律儀に答えます。

そして・・・

「彼女に平手打ちして。強く!」

さて、この指示に男の子達は
どう反応したでしょうか・・・?




誰一人として指示に従う男の子は
いませんでした。

「だって、女の子だよ。できないよ。」

「女の子をぶつなんていけないんだ。」

「彼女を傷つけたくないよ。」

「他の人をたたくなんて
 神さまは望んでないよ。」

どれも心温まる答えですが
最後の男の子の一言が
とっても素敵なんです。

「Why? Cause I’m a man!」
(なんで?だって僕は男だよ!)

小さいながらも
イケメンな反応にグッときますね!

日本の男の子達は
はたしてどう反応するのでしょうか・・・?
 

出典元:“Slap her”: children’s reactions