ポーランドのブィドゴシュチュ市にある動物医療保護施設。

黒猫のラデミンズは、生後2ヶ月の時にこの施設にやってきました。

そのときは気道に炎症を起こしていて状態はとても悪く、
生死の境をさまよい続けていました。

しかし、奇跡的に一命を取りとめ、回復します。

すっかり元気になったラデミンズは、その後不思議な行動をとるように…

病気や怪我で弱っている動物が施設に運ばれてくると優しく寄り添い、
傷ついた身体を舐めたり、温めるように抱きしめたりするようになったのです。

しかも、自分と同じ猫だけでなく、犬など他の動物にも分け隔てなく…

この様子をみた獣医師のルーシーは、
ラデミンズを動物達の看護士として施設内で飼うことにしました。

わずか2ヶ月という幼い体で病と戦い、その辛さを知っているラデミンズ。

同じように苦しむ動物たちを放っておくことができないのでしょう。




以来、ラデミンズはこの保護施設にやってくる動物達を
毎日優しく看病しているのだそうです。

きっとラデミンズはこの施設で温かい治療と施しを受けたのでしょうね。

だから自分も同じように他の動物にもしてあげたいと思ったのではないでしょうか。

動物から学ぶ事ってたくさんありますね!

出典元:Rademenes ? Black Cat Which Brings Fortunately to Sick Animals | it COLOSSAL