僕の彼女は片足が生まれつき不自由です。そんな彼女に・・・

10,967 views

僕の彼女は片足が生まれつき不自由で、調子が良い時は杖で、調子が悪い時は車椅子の生活です。
 
 
そんな彼女ですが、僕は彼女の杖がわりになったり、車椅子を押して散歩したりと、普通に生活しています。
 
 
去年の夏のことです。

彼女が密かに海水浴に行きたいけれど、言い出せないでいることを、彼女の親から聞ききました。
 
 
僕は、彼女のその願いを叶えようと、二人で海水浴に行きました。
 
 
最寄の駅まで電車で行き、駅からやや距離があるので、タクシーを使いました。
 
 
その時の彼女は調子がよく、杖をつきながら出歩けたので、きっと楽しい海水浴になるだろうと期待していました。

砂浜は杖が埋まってしまい、彼女は一人で歩けなくなりました。
 
 
荷物と彼女を背負っている僕を見て、タクシーの運転手さんが、荷物を引き受けてくれました。
 
 
海の家のおばさんは、僕が持ってきたパラソルを見て、

「それじゃ彼女が寝そべられないだろう」

と言い、大きなパラソルを貸してくれました。
 
 
パラソルのレンタル料を払おうとすると、おばちゃんは、

「あんたの頑張りにごほうびだよ。

 代金はいらないよ」

そう言って、お金を受け取ろうとしませんでした。
 
 
ライフセーバーの方たちは、

「何か困ったことがあったら、

 何でも言ってくれていいから、

 遠慮しないで」

と声をかけてくれました。
 
 
 
お昼ご飯を食べる時も、海の家のおじさんは、

「出来たら持って行って

 あげるから、

 浜で待ってな」

と言い、本当に僕らのところまで出前してくれました。

食べ終わった時には、食器を取りに来てくれたばかりか、かき氷をおごってくれました。
 
  
砂浜で彼女が砂遊びをしていたら、小さな女の子が一緒に遊んでくれました。
 
 
 
そして、そろそろ帰ろうと準備をしていると、背中から声をかける人がいました。

あっと僕は驚いてしまいました
 
 
僕の背中に声をかけてくれた人、
 
 
それは、なんと朝のタクシーの運転手さんだったのです。
 
 
 
話を聞くと、僕らが帰る頃に電話してくれと、海の家のおばさんに頼んでいてくれたそうです。
 
 
そして、僕らは、海の家のおじさんとおばさんに、何度もお礼を言って、タクシーに乗りました。
 
 
何という周りの人の善意に包まれた一日だったことでしょう。
 
 
タクシーの中で、彼女は、突然泣き始めました。

驚いた僕と運転手さんが、なだめようとすると、

「ちがうの、すごく嬉しいの。

 ありがとうね。

 本当にありがとうね。

 とっても楽しかったよ」

と、僕と運転手さんに何度も言いました。
 
 
ルームミラーで僕と目が合った運転手さん。
 
 
運転手さんの目にも涙があふれていました。
 
 
今年も、またあの浜辺に行きたいなぁ、切にそう思います。

****************

運転手さんのように

決して哀れみではなく

心からの優しさを持って

生きていきたいですね><

思いやりの輪が広がりますように!

共感したらシェアお願いします。

出典元:ゆるゆる倶楽部 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑