別れがつらいからという理由で犬を飼わないという人がいる。

そもそも犬を飼ったり、使役すること自体が罪だという人がいる。

だが本当にそうだろうか?

太古の時代から人間と共に暮らしてきた犬は、
人間と共に生きるように進化してきたのだ。

それもこれもすべて人間すなわちエゴである。

どうせエゴを押し通すのなら、犬と一緒に暮し、
たくさんの共通した思い出を残すエゴもありなのでは?

かわいくて、ドジで、かまってちゃんでさびしんぼう。

ちょっと手はかかるかもしれないが、
彼らと過ごす日々はかけがいのない思い出と変わる。

もしもあの世があるのなら、死が両者を隔てようと、
頑丈な絆があの世で両者を再び引き合わせてくれるであろう。

1.その肩に自分のすべてをゆだねる犬

2.小さかった犬はいまや

3.辛い仕事もこいつがいれば

4.イライラした日常も、このとぼけた相棒の姿で一瞬にして癒される

5.おやつをもらえると信じて、最後尾に並ぶ犬

6.車から顔を出す犬の表情もなんだか楽しい

7.助手席は誰にも譲らない犬

8.この少女は寝る前に必ず犬にハグをする

9.ソファに乗ることを禁じられた犬のひらめき!

10.一緒に寝ればぐっすりんこ

11.お散歩に行く前にエンジンを組んでエイエイオーするのが日課です

12.車の窓から顔を出す3匹連鎖

13.一緒に連れてって!

14.全ての身を飼い主にゆだねて

15.食べたいよお。一緒にそれ、食べたいよぉ




16.15歳になったけど、
 未だにパパに撫でられるのが大好きで極上の笑顔を見せる犬

17.ちょっと重いけど一緒がいいの

18.車での旅行。どんなに突き放しても引っ付いて眠る犬

19.一緒にテレビをみてくつろぐワン

20.仕事で単身赴任してしまった夫。
 妻がスカイプのビデオチャットを繋いだところ、大喜びする犬

21.飼い主は87歳。足腰にガタがきて一緒に散歩もつらいのだが、
 彼の愛犬は散歩中、「投げて!一緒に遊ぼ!」とくったくのない表情で
 棒を拾ってきては飼い主に渡す。

22.いびきをかく飼い主の音の源を止めようと口に潜入する愛犬

23.すこしでもかわいがってやらないと、
 別の人に抱き着いて嫉妬させようとする犬

24.家にお客さんがくると自分のおもちゃを持ってきて
 「あそぼ!」とやってくるゴールデン。
 もしおもちゃがみつからなければ、客人の靴がおもちゃとなる。

25.下校時は毎日、ブラインドから顔をだし子供の帰りを待つ犬

26.主人の帰りをドアの前で待つ犬

27.大好物のピーナッツバターの瓶を見つけた犬。
 仲間のぬいぐるみに分け与えようとする。

28.8歳の時にやってきた愛犬。
 そして自分の結婚式の時、一緒にウエディングロードを歩く

たくさんの楽しい思い出に比べれば別れの悲しみは一瞬。

でも、その一瞬が胸に突き刺さる・・・

その悲しみに耐えられないからという理由で
動物を飼わないという人も多い。

けれど嫌なことがあっても
その無邪気な姿と仕草で心を癒してくれる。

そんな恩恵は計り知れないと思います。

出典元:カラパイア cavemancircus