娘と荷物を抱え駅のホームへの階段を上っていたら、突然声をかけられた・・・

98,286 views

先月、千葉県内の某ショッピングセンターに、娘(当時1歳1ヵ月)と行った時のこと。

電車に乗らなければならないので、空いてる時間を狙ってバギーで行った。

その駅にはエレベーターがなく、帰りは娘とバギーを抱えて階段を上がらなければならない。

階段を上がりきって、ホームにいた電車に乗ろうと思ったら、発車してしまった。

次の電車は別のホームなので、また階段を降りて、別の階段を上がらなければならない。
 
 
仕方ないから階段を降りようと思ったら、いかにもギャルという感じの女子高生3人組に話しかけられた。

邪魔だったかなと思って、すまなそうにしていると、
 
 
「手伝わせてください」
 
 
と。
 
 
好意に甘えてバギーをお願いしたところ、残りの二人が
 
 
「赤ちゃん抱っこしても

 いいですか?

 絶対落とさないように

 します」
 
 
と言って、片方の子はすごーく慎重に娘を抱いて、もう一人は、いつでも娘をガードできる体制でいてくれた。

階段を降りたり上がったりしている間、
 
 
「バギーって重いですね」
 
 
「赤ちゃんを抱っこするのも

 結構大変!」 
 
 
「お母さんはいつもこんな

 こと一人でしてるんだから、

 すごいですね」
 
 
などと言ってくれた。

そして、目的のホームに着いてお礼を言ったら、とても素敵な言葉が返ってきた
 
 
女子高生の一人がこう言った。
 
 
「自分のお母さんも、

 こうやって私を育てて

 くれたことを、母の日の

 前に知れたんだから、

 こっちがお礼を言いたい

 です。

 母の日には、ちゃんと

 自分のお母さんにお礼を

 言いますね」
 
 
なんだか、心が温かくなって泣きそうになった。

その子たちは
 
 
「私たち、あっちなんで・・」
 
 
と言って元々私がいた方のホームに戻って行った。

わざわざ乗るべき電車を見送ってまで、別ホームに行く私を手伝ってくれたのだ。
 
 
それに気づいて走ってもう一度お礼を言いに行きたかったが、娘とバギーでどうにもならない。

自分のいるホームから女子高生たちに、
 
 
「本当にありがとう!」
 
 
と言ったところ、今度は娘に向かって、
 
 
「優しいママで羨ましいぞー」
 
 
と叫んでくれた。

娘も将来あんな心優しい子になったらいいな。

そうなるよう、母ちゃんは頑張ります!

出典元:育ママ速報
————–

こんなに親切な女子高生

なかなかいないと思います。

思いやりは何が嬉しいかって

その人の心が何より嬉しいですよネ!

思いやりの輪が広がりますように><

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑