画像引用元:grandnewgate.co.jp

あれは1年ぐらい前だったろうか。。。

前日に車で長野県に遊びに行き、夜遅くまで遊んでいました。

翌日は別のアポイントがあり、少しでも早く帰らなければ、都内で渋滞にはまってしまい、アポイントに遅れてしまいそうな状況でした。

急いで一晩中車を飛ばし高速を降りた後、明け方の閑静な住宅街を走っていた時のことです。

そこの信号のない横断歩道に、杖をついた腰の曲がったおじいちゃんがとぼとぼと歩いていたのです。

そのおじいちゃんはかなり足腰が悪そうで、超スローペースで横断歩道を渡っていました。

私は急いでいたのでイライラしていましたが、さすがにクラクションを鳴らすわけにもいかず、じっと我慢をしていました。

すると、そのおじいちゃんは、私に向かって何か話しかけてきたのです。

私は車の窓を閉めていたので、何を言っているのか分かりませんでした。

しかも、こちらはイライラしていたので、内心「なんだよじーちゃん早く渡れよ!」と思っていたので、嫌々ながらも窓を開けました。

やにわに、おじいちゃんは、私に向かって話しかけてきました。

満面の笑みを浮かべて。。。

「悪いね~俺はぜんまい仕掛けだから、進むのが遅いのよ!」

確かにそのおじいちゃんの歩く姿はまるでぜんまい仕掛けの人形のようでした。

私はつい笑ってしまい、今までのイライラした気持ちがすべてぶっ飛んでしまいました。




っていうかそのセリフ普通なら気ぃ使って笑えないけどね~

さすがです。

「自分の弱みをさらけ出し強みに変える」

まさに人生経験の賜物でしょう。

長時間の運転の疲れもぶっ飛び、アポイントにもギリギリですが間に合い、その日1日とても幸せに過ごすことができました。

その後、思い出しただけで面白かったですからね。

もしあのままイライラした気持ちで、運転をしていたら、アポイントで会った人ともその表情が出てしまったかも知れません。

でもすごく良い状態でその方とお話をすることができました。

恐らくその人も気分良く帰って頂けたと思います。

人の気持ちなんて言葉一つで簡単に変わりますね。

おじいちゃんのセリフは一瞬だったけど、その日1日をハッピーな気分にしてくれたのです。

これが言葉の力と言わずしてなんと言うのでしょう?

言葉は文字に変わっても人の感情を大きく動かします。

その証拠に今日のこのお話を読んで、少しでもあなたがほっこりしてくれたなら、おじいちゃんは文字を通じてもあなたを幸せな気分にさせたということです。

あなたが発する言葉は、誰かの感情を動かしている。

そのことをよく胸に秘めて、今この瞬間でも自分の発する言葉に責任を持って発言していきましょう。

それだけでも人生が変わりますよ。。。

*******************************

人の感情を大きく動かす「言葉」。

どうせなら、このおじいちゃんのようにその日一日を幸せな気分にさせてくれるような言葉を発していきたいものです。

出典元: Spirit of Business