以前からいじめの問題は尽きないものですが、先日も福島から横浜に引っ越してきた少年がいじめにあっていたことが判明し、

またいじめにあった理由が社会的問題になっています。

その原因は原発事故。

家族とともに福島から自主的に避難してきた少年は転校先の小学校で「菌」や「放射能」とあだ名をつけられ、

複数の児童からいじめにあっていたそうです。

さらには「賠償金をもらっているだろう」と脅され、なんと150万円もの大金を無心されていたと言うのです。

そんな中、朝日新聞に掲載された「学校で『いじめは犯罪』と教えて」という投書がTwitter上で話題になりました。

この投書についてツイートしたのはTwitterユーザーのTad(@CybershotTad)さん。

Twitterで話題を集めたこの投稿には、多くのユーザーから反響がありました。




皆さんは、どんな意見をお持ちでしょうか?

いじめはいつの時代もあり、小さないじめでも受けた人は一生消えないくらいの傷を負います。

それに耐えきれなくてまだ生きられる命を自ら絶ってしまったりということもあり、とても残念でなりません。

暴力や恐喝は犯罪です。

そのことを幼い頃から知ることにより、残念な社会にならないのではないでしょうか。

ぜひ、早急に制度を検討されて欲しいと感じます。

出典元:twitter