自爆テロで爆発が二度起こる意味→現場に絶対に近づいてはいけない、ゾッとする理由とは・・・??

5,310 views

インドネシアの首都ジャカルタで、起こった自爆テロ、2017年5月24日末期に起こったテロでした。
このテロでは東部にあるバスターミナル付近で、二度の爆発が起こり、警察官3人が死亡してしまいました。
5月26日には、死亡した2人の実行犯とともに計画にかかわった3人の男性が逮捕されました。
それに際し、過激派組織のISが犯行にかかわっていることも明らかになりました。
さらに、5月22日にはイギリスのマンチェスターで、アリアナ・グランデのコンサート中に爆発が起こってしまうなど世界中でテロが起こっています。
幸い、日本ではまだ爆発テロは起こっていませんが、「日本が絶対に安全だ」とは言い切れないのです。

そんな中で、万が一爆発が起こったときには「現場には絶対に近づいてはいけない」という注意喚起が盛んにおこなわれているのです。
果たしてなぜ近づいてはいけないのでしょうか?

ジャカルタで起きた自爆テロでは、二度の爆発が起こっていたのです。
なぜ二度も起こしたのでしょうか?
理由は大きく分けて二つあります。
まず一つ目は、比較的小規模な爆発で、人をおびき寄せることです。
そして二つ目には二度目の大きな爆発により、多くのひとの命を奪うことにあります。
一度目の爆発により人をあつめ、多くの人が集まってきたところに二度目の爆発をします。
それにより被害を拡大させるのです。

実は爆発を二回起こすことは珍しいものではありません。多くの爆破テロに用いられている手法だったのです。
この事実が判明すると日本でもSNSにアップしたい一心で現場に近づく人が多そうという声が上がりました。

残念なことながら現在多くの国でテロが日々起こっています。
日本ではまだ起きてはいませんがいつ標的になってしまうのかわかりません。
そのためにもし身近で爆発が起こったら、何よりも先に現場から離れ、安全なところへ行く。
このことを改めて肝に銘じておくべきでしょう。

出典元:news24

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑