いざという時に思い出してください!

覚えとておくだけで、使える技をご紹介します。

自分、または家族、友達、知らない人にも「溺れそうになった時」、実践してみてくださね。

必須アイテムは・・・、なんと『長ズボン』。

これだけで、命が助かるかも。

①はじめに、ズボンを脱ぎます。

もうすでに溺れかかっている時は、落ち着いてズボンを脱ぎましょう。

ここでの重要ポイントは、しっかりズボンを水に浸しておくこと!




mido1

②次にズボンの裾先を合わせて固結びし、輪にします。

結んだズボンを頭に通し、ネックレス状にしてください、

ここでもポイント!

結び目が頭の後ろにくるようにしましょう。

mido2

次は、いよいよ実践です!

気になる方は、次のページにてご覧ください。