生徒が「黒人は道を歩くな!」と人種差別を受けた!その生徒を守るため、300人が立ち上がる・・・

アメリカ合衆国のテキサス州にあるベイラー大学に通うナターシャさんは、衝撃的な出来事に遭遇しました。

ある日キャンパス内で授業に向かっていたナターシャさん。

いきなり見知らぬ男性にぶつかられました。

ナターシャさんは、明らかにわざとぶつかってきた男性に対して目を丸くしていました。

そしてぶつかってきた男性はナターシャさんにこう言い放ちました。

「黒人がこの道を歩くことは、許可されていないぞ!」

その男性は、ナターシャさんや他の黒人に差別的な暴言を吐いたのです。

「自分はトランプさんが唱えていた”Make America Great Again(アメリカを再び偉大に)”を実行しているだけだ」

また、このようにも述べていたそうです。

周囲にいた2人の男性が助けてくれたものの、深く傷ついたナターシャさんはショッキングな出来事を動画で説明しました。

友人のTwitterアカウントを借りて投稿された動画がこちらです。

この動画は瞬く間にベイラー大学の生徒間で広まり、多くの生徒が衝撃を受けました。

ナターシャさんを守る為にベイラー大学の生徒たちは、

「#I Walk With Natasha」(ナターシャと一緒に歩こう)」という企画を考案します。

この企画は「ナターシャさんを守る為に、みんなで一緒に歩こう」というものでした。

この企画に参加した生徒はなんと300人!

自分の為に集まってくれた大勢の人を見て、ナターシャさんは感涙。

彼らは、ナターシャさんが教室に行くまで付いてきてくれるというのです。

さらに大学の先生は、生徒たちがこの活動に参加できるように授業を早めに終わらせ流ようにしてくれました。

教室に向かう道中、彼らは黒人にとっての心の歌と言われる「アメイジング・グレイス」を斉唱しました。

まさに全員で手を取り合って「人種なんて関係ない!」というように・・・。

涙ぐみながら、ナターシャさんは全員の前でこう言いました。

「皆さん、私のことを守ってくれてありがとうございます。

この大学はいい人ばかりで、愛に溢れた場所だと感じました。

私は、あの日ぶつかってきた男性も等しく愛しています。

この世界が優しさに満ちた、素敵な世界でありますように」

彼女は、あの時の男性のことを恨んではいません。

ただ、人種差別というもの自体に悲しみを抱いていたのです。

2016年11月8日に行われたアメリカ大統領選挙後。

アメリカ国内では一部の人間によって差別が表面化してきているといいます。

しかし、こう言った差別は本当に「”Make America Great Again”」なのでしょうか?

ナターシャさんにぶつかった男性も、他の差別をしている男性も、今回の活動を見てもう一度考え直して欲しいものです。

出典元:Twitter/Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑