ここでご紹介するのは、2016年10月27日にYouTubeにUPされた動画です。2016年10月26日に開催されたドイツカップのボルシア・ドルトムント vs ウニオン・ベルリン戦、その直前のウォーミングアップ中の事です。ドルトムント所属のフェリックス・パスラック選手はガムを噛みながら体を温めていました。その途中、なんとガムを吐き出したのです。

ガムを吐き出すなんて…

ウォーミングアップ中に噛んでいたガムを吐き出したパスラック選手。これはスポーツマンらしからぬ行為! と思って見ていると…

なんとそのままガムでリフティングを始めました!wow!

そして、、、口に戻した!

ガムでリフティングを数回続けると、なんと最後は口に戻しました!




すごい!! としか言いようがありません。一流のサッカー選手ならではの神業ですね。

この様子はこちらからどうぞ! 最後のドヤ顔が良いですね?

ガムを噛んでリフティング!これすら信じられないというより凄い神技!としか言いようがありません。私もこんな技を持っていたら面白いなと思いました。日本人にはあり得ないと思います。きっとガムを靴でリフティングなんて言うと、靴が汚れる、汚い!の方が先に来ると思います。もしかすると外国ではこう言う事が普通なのかもしれませんね。

出典元:youtube