禁煙がもたらす劇的な効果!20分後から15年後まで一気にご紹介します!!※動画あり

4,575 views

禁煙をすると、数日後にはのどや肌の調子が改善するなど嬉しい変化が表れます。体の中で起きている様々な変化を時系列で20分後から15年後まで一気に見てみましょう。

20分後

たばこを吸うと、ニコチンの作用で心拍数が上がり、血管が収縮して体温が下がります。しかし、たばこを我慢して20分経つと心拍数、体温ともに元に戻ります。

2時間後

2時間我慢するとニコチンが切れ、やる気や集中力を高めるドーパミンの分泌がストップ。いわゆる禁断症状が出てきます。

8時間後

禁断症状に耐え8時間経つと血中のヘモグロビンと結合していた一酸化炭素が分離し、血中酸素濃度が正常値に戻ります。また赤血球が増えたり大きくなることもあるようです。

24時間後

24時間が経過するころには、咳き込んでしまうことがありますが、これは体内の毒素を排出する好転反応で、体は着実に良好な状態に向かっています。丸一日経つと冠動脈疾患のリスクも下がり始めるといわれています。

48時間後

48時間経過すると、ニコチンとともに代謝物質のコチニンが体外に排出されます。またタールなどの化学物質で鈍くなっていた味覚が戻ってきます。

72時間後

72時間後にはニコチンの禁断症状がピークを迎え、禁煙3日後が最も辛い時期だといわれています。一番の踏ん張り時です。

1ヶ月~15年後

1ヶ月が経過するとがんや2型糖尿病、心疾患のリスクが低下。1年後には心臓病のリスクが2分の1に減少します。そして10年後には肺がんのリスクが喫煙していたころの半分、15年後にはなんと今までたばこを吸ったことのない人と同じレベルまで心疾患のリスクが減るそうです。

最後に喫煙後の変化を紹介する動画をご覧ください。

出典元:youtube

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑