あの日、テレビで流れるあの衝撃的な映像を見て、映画を見てるようなとても現実に起きているものとは思えなかったという記憶がよみがえる方もいるのではないでしょうか。

2001年9月11日、全世界に大きな衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ事件についてのたくさんの矛盾についてあなたはどう思いますか?

あの日9時3分、世界貿易センタービル南棟に一機目であるユナイテッド航空175便が突っ込み、ビルは爆発炎上、その後、現場でのテレビ中継をしているときに、2機目の激突があり、ビルの南棟、北棟ともに、上部から砕けるように崩壊しました。

あのビルの崩壊炎上は、飛行機がビルに突っ込んだのではなく、爆発によるものだったのでは・・・?ともいわれていますが、アメリカ国民の1/3が支持しているその理由を知れば、見えてくることがありそうです。

現場 近くでは、爆発音を聞いている人も数多くいると言います。
まずは、一部始終をとらえているカメラがなぜあるのかと、違和感を感じませんか?

なぜ、WTC勤務のペンタゴン職員は当日一斉に有給休暇を取得していたのか・・・

なぜ、ブッシュ大統領は事件前後の外交日程を事前にキャンセルしていたのか・・・

この事件の2週間前、ビルの賃貸権者は変わっていたそうです。さらには8千億円もの保険金が掛けられていたそうですが、これらすべては偶然といえるのでしょうか。

出典元:youtube