【闇深】堀江貴文、民進党バッシング→「森友学園問題は偽メール事件を思い出す」

堀江貴文氏が番組内で森友学園の問題についてこう語っている。自身が巻き込まれた偽メール事件を引き合いに出した。

堀江貴文「僕昔、偽メール問題っていうのがあって、菅野完みたいな変なライターがメールを捏造して、僕が武部さんに1億円とか2億円を渡したって捏造したんですよ。あのときの前原っていう党首は辞めちゃったし、あまりこの森友学園に深入りすると、あの偽メール問題を思い出す…」

これに対してテリー伊藤氏。
テリー伊藤「籠池さんの言葉をあんまり信じると振り回されちゃう」

結局は政治家は今の安部政権をどうにかしたいだけの様な気がしてしまう。
メディアもそうなのだろうか・・

ここで2人の民進党議員のコメントを見ていきましょう。

民進党の大西健介議員。

以下コメント抜粋

「ここは、私も慎重であるべきだと思います。
修正テープで消した100万円の振替払込用紙というのも、いかにもという、微妙なもので、これをどう解すればいいのか?難しい。
講演料として森友学園側が用意したものを昭恵夫人が受け取らなかったので寄付金として処理したのではという人までいます。
いずれにしろ、証人喚問では、予断を持たず、冷静に、淡々と何が事実なのかを明らかにすることが必要です。」

民進党の福山哲郎議員。

「籠池さんが事実と言っているだけで私が言っているわけではない。絶対、誤解しないでくださいね」

決定的な証拠として出てきたものは、第三者が書いた記名用紙のみ。
これではこのように急に大人しくなるわけですね。

表のように予算委員会の大半の時間を森友学園にかけたにも関わらず収穫はなし。
新たな証拠ももうでてこないのではないだろうか。

出典元:netgeek

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑