車で道路を走っている時、危なっかしいなあ…という他車を見かけることがありますよね。
それが高速道路だったら、なおさらです。
スピードが出ているため、あっと思った時には修正が効かないことも。

最近は車にドライブレコーダーが搭載されていることも多く、危険運転する車などの映像も目に触れることができやすくなりました。

今回は、そんな高速道路で起こった、驚くような車の走行を捉えた映像をお届けします。
ドライブレコーダーが捉えていたこの車。
この後、ウインカーも出さずに車線変更してきます。

片側三車線の高速道路を走行しているドライバー。
追い越し車線を走っていると、隣の車線の車が、ウインカーも出さずに車線変更してきます。
そしてそのまま…
なんとガードレールにぶつかりました!
さらにそのままガードレールに車体をこすって走っていきます…。

このドライバー、居眠りしたのでしょうか?

それにしても、恐ろしいですね…。
目の前でこんな運転をされたら…想像するだけでも怖いです。
この映像を見た人たちのネットの反応は…

「運転手は目が覚めただろうか?」
「そのまま何事もなかったかのように走っていくのがウケる」
「もし眠気を感じたら。SAなどで仮眠を取るべき。過信はすべきではないです。」
「他車を巻き込む事故にならなくて幸いだったけど…」
「リアル溝走り?」
「クラクションを鳴らしてあげればよかったのに…でも鳴らしたら鳴らしたで面倒な人もいるし…難しいとこですね」

車の運転は、便利で楽しいものです。
しかし、一歩間違えば、自分だけでなく誰かを巻き込む大惨事にもなりかねません。
体調不良や、眠気を感じたら、運転を控えることも、ドライバーにとっては大切なことと言えますね。

出典元:youtube