武井壮、YouTube見ながらブレイクダンス!→初挑戦とは思えないパフォーマンスを披露!!※動画あり

2,631 views

陸上・十種競技の元日本チャンピオンの実績を活かし、百獣の王を名乗り、今も衰えることなく質の高いパフォーマンスを見せてくれる武井壮さんが、自身のInstagramで7月12日にブレイクダンスの練習風景を披露しました。

武井さんがブレイクダンスに挑戦するのはこれが初めて「初挑戦なんてマジ?信じられないんだけど」「これ、ほぼ出来上がってるわ、さすが」と現在、ネットを中心に話題となっています。
そんな武井さんの状況をご紹介したいと思います。

100m10秒台、跳び箱20段(2m56㎝)、2013年に開催された「第20回世界マスターズ陸上競技選手権大会」では、200m(40~44歳クラス)で22秒64の記録を出し、武井さんが銅メダルを獲得しました。
その運動能力の高さは伝説級と言えます。

そんな武井さんが今回挑戦したのは、ブレイクダンスの代表的な技で、花形と言えるパワームーブ「ウインドミル」です。普通の人だと数カ月はかかりそうなこの技ですが、百獣の王武井さんは初日から驚異のパフォーマンスを見せます。

ダンスをやっている人でもウインドミルを完全にマスターするためには、半年から1年の時間が必要と言われています。このままいけば3日くらいで出来てしまいそうな武井さん。その運動センスはズバ抜けています。では、5000人以上が「イイネ!」を押した武井さんの
圧巻のパフォーマンスをご覧ください。

武井さんの身体能力の高さはいろんな方面で発揮されています。

本格的肉体派として異次元のパフォーマンスを見せてくれる武井壮さん。
おそらくですが、このウインドミルチャレンジも完成までは続けていくかと思いますので、興味を持った方は武井さんのInstagramをチェックしてみてください。

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑