ロバート秋山が日本人初のクリエイターに! 偉人・田村蔵之松の伝説とは??※動画あり

1,115 views

幕末から明治を生きた、日本が誇る偉人・田村蔵之松(たむら くらのしょう)。
彼を知る多くの日本人は敬意を込めて、彼をこう呼びます「日本人初のクリエイター」。

「こんな人いるいる!」といった架空のクリエイターに芸人のロバート秋山さんがなりきる大人気シリーズ「クリエイターズ・ファイル」。今回、秋山さんが新たに扮するのは、日本の偉人『田村蔵之松』です。秋山さん、ついに時代を超越した新しい境地を披露しています。

動画では、明治郷土博物館の中居典夫館長が、蔵之松さんのエピソードを語ります。

明治郷土博物館の中居館長も絶賛「初めてメガネを頭に乗せた」「素足に革靴を履いていた」。
日本のクリエイターと言えば、田村蔵之松なのです。

田村蔵之松のクリエイターとしての偉業が更に語られます。

外国人たちがそう口にするほど、世界的に影響を与えた蔵之松。
日本が誇る『カワイイ』文化も、ご当地アイドルも、お米の産地表現「私がつくりました」も、すべて田村さんが考案したものだったのです。

今回の動画を機に『知られざる偉人・田村蔵之松』が日本中に広がっていくことでしょう。
彼の偉大さに胸が熱くなるインタビューの全文は、ウェブマガジン「honto+」で読むことができます。

『honto+』 では、日本人初のクリエーター田村蔵之松を始め、第一線で活躍中のクリエイターたちも紹介しています。代表的なクリエーターでは、トータル・ファッション・アドバイザーであるYOKO FUCHIGAMI、トータル・ウェディング・プロデューサーである揚江美子などが仕事や自身の人生について語っています。

出典元:youtube

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑