世界的に有名なハンバーガーチェーン『バーガーキング』で提供された、『潰れたハンバーガー』。
もし自分がオーダーした料理がぐちゃぐちゃの状態で出されたら当然文句を言いたくなると思いますが、この潰れたハンバーガーにはあるメッセージが込められていたのです!

数名の少年たちが映された店内の動画。
その中の1人の少年は自分の食べている物に飲み物をかけられるなど明らかにいじめを受けているのです。

当然周りの客はそのいじめの光景を目の当たりにしていますが、少年を助けようとはしません。そんな客たちに対し提供されたのが『潰れたハンバーガー』だったのです。

潰れたハンバーガーを見た客たちは…
客「このハンバーガーを見てくれ。出されたときからこうなんだ」
と当然文句を言い出しますが店員は…
店員「そうですか。『いじめられたハンバーガー』と『いじめられていないハンバーガー』のどちらを頼みました?」
客の文句に対してこう切り返したのです。
理解できていない客に対し、さらにこう尋ねます。
店員「もし、私がこのハンバーガーをいじめているところを見かけたら、止めましたか?」

もうお分かりでしょうか?
『潰れたハンバーガー』は、いじめられている少年を助けようとしなかった大人たちに提供されていたのです。
実はこの動画はバーガーキングといじめ防止を目的として活動する「ノ・ブリー」という団体が協力して作った、「いじめを受けている少年を、どれくらいの割合で大人は助けるのか」検証するためのものだったのです。




この検証によると、少年のいじめに対して注意をした大人はたった12%。
逆に、いじめを見て見ぬふりをし、潰れたハンバーガーを受け取った人の95%は文句を言いに来ました。
『いじめられたハンバーガー』については文句を言うのに『いじめられた少年』は見て見ぬふりをする人が圧倒的に多いという結果になったのです。
食べ物を粗末にし、客を試すような検証動画の内容に賛否両論あるものの、「自分ならどうするか」をシンプルに問うこの動画に関心が集まりました。

バーガーキングの動画はアメリカのものですが、いじめはアメリカに限ったものではなく日本においても深刻な問題と言わざるを得ない状況です。

文部科学省による発表では小・中・高における特別支援学校いじめの認知件数は約32万4,000件で前年よりも約10万件も増加しているのだそう。(2017年10月26日発表)

2013年に成立した「いじめ防止対策推進法」によって『いじめ』と捉える定義・領域が広がったことや、テレビをはじめ報道でもいじめについて取り上げられることが増えたことなど認知件数の増加には様々な理由がありますが、大人たちが気を配ることで子どもをいじめから守ることができるのは確かです。

『潰れたハンバーガー』の動画は大人もいじめについて考えるきっかけになるのではないでしょうか。

出典元:youtube