国によって意識や価値観が違いがあるのは当然です。日本と韓国、距離は近くてもこの2ヵ国でさえも違うんです。
今回は日本と韓国のメイクの違いについて考えてみました。
顔の右半分、左半分をそれぞれ違う国のメイクにして比べてみると、とても興味深い結果になりました。

日本と韓国の半々メイクを披露しているのはYoutuberのDaiyaさん。
画面の右半分の顔のほうに韓国っぽい、左半分のほうに日本っぽいメイクをほどこしていきます。

韓国メイクで使用されたのは、オレンジ、ピンク、ボルドー、ブラウンなど。
それに対して日本はヌーディーベージュ、コーラルピンク、コーラルオレンジといったカラーです。
これらの色もあって、韓国メイクのほうははっきりくっきり、日本メイクの方はゆるいナチュラルなイメージに仕上がっています。

出来上がりだけではなくて、実際のメイクの仕方も見ていきたいと思います。

色の使い方だけではなくて、メイク法も違います。韓国はアイメイクのグラデーションがしっかりしていて、アイラインも目頭から眼尻まで、黒でガッツリ入っています。
日本はアイシャドウも薄付き、アイラインも細めです。




もう一つの違いがリップ、韓国は赤系のリップティントとオレンジ系のルージュを重ね付け、セクシーな感じを出しています。
日本は、ピンク系でふんわりガーリーな感じです。

では実際にメイクの仕方を見てみましょう。

どうでした?韓国と日本、それぞれの特徴が見事に表現されたDaiyaさんの半顔メイク。
日本のメイクの特徴を彼女なりに分析したり、雑誌を参考にしたりと、工夫している様子がうかがえます。

テレビなんかで見ていると韓国の女性の感じがなんとなく違うのはわかりますが、こうしてメイクから見ていくと、その違いがはっきりわかってお面白いものです。
やはり、国ごとに好まれる価値観っていうのがあるのですね。

出典元:clover48