3児の父であるアンドリューさんは、新しい家族を迎えることにしました。
それは、可愛らしいダックスフントの子犬です。
アンドリューさんが子犬を抱いているのを見て、3人の子どもたちは号泣し始めました。
新しい家族が嬉しかったからでも、犬が可愛かったからでもありません、彼らが泣き出したのには別の理由があったのです。

2017年3月23日、アンドリューさん一家が外出中に自宅が全焼する火事が起こりました。
原因は子供が愛用していたホバーボードが何らかの原因で爆発したからでした。
急いで外出先から戻ったアンドリューさん一家、そんな彼らの目に入ってきたのは消防士の腕
に抱かれて息絶えているダックスフントの姿でした。その犬はアンドリューさん一家と5年間、この家で生活してきた愛犬「フラッシュ」でした。

日本円にしておよそ3500万円の損害を受けただけではなく、最愛の犬も同時に失ってしまったアンドリューさん一家。すべてを炎に持っていかれた一家の悲しみは、想像を絶するものだったことでしょう。




そして半年後、一家にはとてもすばらしい出来事が起こります。

悪夢のような事故から半年。アンドリューさん一家は新しい家を建て、以前のように穏やかな暮らしを取り戻しました。
しかし、何かたりないものがありました、そう愛犬「フラッシュ」です。
そんなある日、アンドリューさんがダックスフントの子犬を抱いて、子供たちの前に現れたのです。

新しい家族を見て泣き出してしまった子供たちは「フラッシュ!」そう思ったのかも知れません。
この子犬はテディと名付けられて、アンドリューさん一家と幸せに暮らしています。
フラッシュを失い深い喪失感を持っていたアンドリューさん一家、子犬はフラッシュではありませんが、きっと一家の心の傷を癒してくれるはずです。

出典元:youtube