幸せって何だろう…キルギスタンに実在する恐ろしき慣習「誘拐婚」が衝撃的

18,808 views

少なくとも私達の常識で思い立つ「結婚」とは、愛しあう2人が合意してこそ成り立つ幸せの象徴のひとつですよね」。

しかし、中央アジアのキルギスタンでは、日本の常識では考えられないような恐ろしい慣習が実在するのです。

その名も「誘拐婚」
画像引用元:YouTube

「誘拐婚」はキルギス語で「アラ・カチュー」(奪い去る)と言われ、文字通り女性を誘拐してそのまま強制的に婚礼を行うという、信じられない慣習。

それが赤の他人だったとしても、目当ての女性に恋人がいても、一切関係がないのだそう。

もちろん、相手の女性の意に反するこのような行為は違法ですが、警察は単なる家族間の問題とし、犯罪として扱うことはほとんどないようです。

しかし、実際にはこの誘拐婚が離婚、自殺、殺人事件、レイプ被害など様々な社会問題を引き起こしているのも事実なのです。

▼そんな誘拐婚の一部始終を追った映像がこちら!

自分がもしこんな状況になったらと思うと恐ろしいですね。

伝統なら仕方ないという考えもわからなくはないけれど、その伝統を尊重した結果、自殺にまで追い込まれてしまった女性もいる。

かと思えば「まずは交渉してその後誘拐する」とあるように、暗黙の了解の上で行われている例もある。

しかし、その国の人々が変えたいと思っているのなら、そういう文化や思想は変えるべきではないかと思います。

1日も早くキルギスタンの女性の人権が守られる日がやってくることを願います。

出典元:キルギスタンの誘拐婚 – Bride Kidnapping in Kyrgyzstan

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑