250kmの砂漠のマラソンで、一人のランナーの後をついてきた野良の子犬が話題に

5,435 views

ゴビ砂漠の約250kmの区間を6日間に渡り走る過酷なマラソンレース「4大砂漠ゴビマーチ」。

レースに参加した選手の一人、ディオン・レオナルドさんは、1日目に子犬が後をついてきていることに気づきました。

子犬は、スタート地点のランナーズキャンプ付近を寝床にしていた野良犬でした。
画像引用元:crowdfunder.co.uk 

そしてレオナルドさんは子犬と共にその日の区間を完走。

まさかこんな小さな子犬が1日目の区間の35kmを完走するとは思っていなかったレオナルドさん。

そして2日目、スタートラインに立っていたレオナルドさんの横にはまたあの子犬が!

しかもまた一緒に34kmを走り切ったのです。

3日目には「ゴビ」と名前をつけ、今度は42kmを完走しました。
画像引用元:crowdfunder.co.uk 

しかし、4日目と5日目は天候が悪化し、「ゴビ」にドクターストップがかかってしまいます。

ここまでに育まれてきた深い絆。

レオナルドさんのレース展開は一体どうなってしまうのでしょうか…

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑