2人に86歳の年の差なんて、関係ありません!男の子とおじいちゃん、たとえ遠く離れても友情よ永遠に・・・

2,303 views

これは、小さな男の子とおじいさんの心温まるお話です。

アメリカのミネソタ州に住むエンメット・リッチナー君は5歳の男の子。

3歳のある日、隣に住むアーリン・キンデムさんとお友達になりました。

tomo1

86歳という年の差の2人ですがそんなことは感じさせないほど仲良しで、いつもエンメット君はこう言ってアーリンさんを誘っていました。

「おじいちゃん、一緒に外で遊ばない?」

2人は楽しく庭で遊んだり、お絵描きをしたり、自転車で競争したりして友情を深めていきました。

tomo2

そんなある日、アーリンさんが老人ホームに入居することになり、2人は住む場所が遠く離れてしまいました。

しかし、2人の友情は何一つ変わりありませんでした。

毎日のように遊べなくても、2人はいつも互いを思い合っていました。

そしてエンメット君はアーリンさんが90歳の誕生日を迎える日に、お祝いのために老人ホームへ遊びに行きました。

tomo3

久しぶりの再会でしたが、2人は離れていた時間が嘘のように仲良く過ごしました。

そして、エンメット君はプレゼントをアーリンさんに手渡します。

tomo4

エンメット君はアーリンさんのペンダントを用意していましたが、実はエンメット君の分も両親が用意していたのです。

そうです。

お揃いのペンダントだったのです!

エンメット君は、自分の分があることを知らなかったのでとても驚きました。

tomo5

「ずっと友達じゃよ」

アーリンさんは、エンメット君にこのように言いました。

そしてそれからもその言葉の通り2人の友情は続き、アーリンさんが91歳を迎えた日にもエンメット君は老人ホームを訪れて、

一緒にお祝いをしました。

tomo6

エンメット君は、アーリンさんに聖書の一説「主の祈り」を聞かせてあげました。

その2日後、アーリンさんは天国へと旅立ちました。

まるで、エンメット君からの贈る言葉を待っていたかのようだったと言います。

エンメット君のお母さんは次のように語ります。

「息子はアーリンさんとの時間を決して忘れないでしょう。

とても楽しい時間を、一緒に過ごさせてもらったことを、感謝しています。」

そして、アーリンさんの息子さんはこのように語りました。

「父は優しく親切な人でした。

友人は多くいましたが、エンメット君のように年の離れた友人は彼だけでしょう。

2人は本物の友情で結ばれていたように思います。」

tomo7

もう会えなくなってしまったけれど、楽しかった日々は絶対に忘れないでしょう。

そしてアーリンさんは、これからも天国からエンメット君を見守ってくれるのではないでしょうか。

アーリンさんのご冥福をお祈りいたします。

出典元:YouTube

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑