体の成長が生後3ヶ月で止まってしまった17歳の女の子!命尽きる日まで病気と闘った少女の物語・・・

8,587 views

人が掛る病気がこの世にいくつあるかご存知でしょうか?

「標準病名マスター」によると、名前が付いている病気だけでもその数は2万を超えるそうです。

今回ご紹介するのは、原因不明の病で体の成長が生後3ヶ月で止まってしまった女の子のお話。

見た目は可愛らしい赤ちゃんなのですが、年齢は17歳。

学校にも行けず、周りから奇異な目で見られ、莫大な医療費もかかる…。

苦悩の日々を過ごすペイ・シャンちゃんとその家族ですが、時には挫けそうになりながらも懸命に病気と闘い続けます。

命尽きる日まで輝き続けた少女の物語。

彼女はペイ・シャン・テオちゃん。

17歳の女の子です。

pei1

見た目は可愛らしい赤ちゃんにしか見えませんが、年齢は17歳。

生後3ヶ月で体の成長が止まってしまったのです。

彼女が誕生したとき、医師は彼女の手足が通常の新生児に比べ、とても短いことに気付きます。

正式な診断はつきませんでしが骨や内臓、中枢神経に影響を及ぼす先天性疾患などが存在する可能性が指摘されました。

こうしてペイ・シャンちゃんは、生後3ヶ月で身体の成長がストップしてしまうのです。

pei2

母親は育児や看護に専念するため、銀行員の仕事を辞めざるを得ませんでした。

pei3

それからというもの、タクシー運転手をするテオさんの給料だけが唯一の収入源。

莫大な医療費によって、破産寸前まで追い込まれたこともあったそうです。

ペイ・シャンちゃんが2歳のとき、両親は特殊学校への入学を考えました。

しかし、現実は彼らの予想以上に困難なものでした。

一歩外に出ればすぐに感染症に罹ってしまい、命を落とす寸前になったことも。

また周りの人々からは、奇異な目で見続けられましたと言います。

「外に出せばクリーチャーのような目で見られ、自分の子供を遠ざけようとする親もいたました・・・。」

(母 シュウ・チェンさん)

それでも多くの困難に負けず、ペイ・シャンちゃんは17年もの間強靭な精神力で病気と闘ってきました。

そんな彼女はピアノを演奏するのが大好き。

そして昨年、彼女はなんとチャリティーコンサートでピアノ演奏をしたのです。

pei4

小さな手と身体で大きなピアノに臨むの彼女の姿は、観ている人をどれほど感動させたのでしょうか。

pei5

こちらは2009年の「父の日」に、ペイ・シャンちゃんから贈られたメッセージカードです。

pei6

「私のパパ。彼はとても良いお父さん。若く見えてハンサムで、大好き!…いつもパパの帰りを待っています。」

ペイ・シャンちゃんの手は赤ちゃんの大きさのまま。

それでも一生懸命ペンを握りしめ、絵とメッセ―ジを書いてくれました。

pei7

悲しいことに、ペイ・シャンちゃんの病状が7月に悪化。

両親に看取られながら、病室で静かに息を引き取りました。

pei8

彼女の17歳という短い生涯は、いつも危険と苦悩との背中合わせでした。

しかし、彼女は常に明るく前向き。

身体は3ヶ月の赤ちゃんのままでも字や絵も書けるようになりましたし、ピアノ演奏の夢も実現させたのです。

苦悩の運命の下に生まれながらも、その命は輝き続けたと言って良いのではないでしょうか。

どんな挫折や壁が押し寄せても、人生は常に諦めずに前を向いて進んで行かなければいけない。

ペイ・シャンちゃんの17年間の尊い人生は、そう教えてくれているような気がします。

出典元:サプライズ

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑