ダウンタウン松本人志がある女芸人の引退を阻止した話が感動的!「今ケツ割ったらあかん!」

6,099 views

人気お笑いコンビ、ダウンタウン。

浜田雅功さんの鋭いツッコミと松本人志さんの独特なボケで、いつもお茶の間を沸かせてくれていますよね。

今回は、そんなダウンタウンの松本さんにまつわるエピソードをご紹介。

見た目はぶっきら棒そうでちょっと怖そうな感じもする松本さんですが、

昔後輩に当たる女芸人の「引退」を慰留したそうなのです。

これまでずっと「松本さんを信じて頑張ってきた」と話してくれる、吉本新喜劇女優の島田珠代さん。

頑張っている芸人さんには優しく、思いやりたっぷりなエピソード。

話題のきっかけになったのは、

2016年11月10日に放送された浜田雅功さんが司会を務めるバラエティ番組『ケンゴロー』(毎日放送)でのこと。

この番組で、吉本新喜劇女優として活動するお笑い芸人の島田珠代さんの自宅を訪問しました。

その際に島田さんは、ダウンタウンのお2人との思い出について語ってくれます。

島田さんは今から28年前、当時素人であった17歳のときに『4時ですよーだ』(毎日放送)に出演しました。

これがきっかけで吉本興業に入り、ダウンタウンの後輩となります。

デビュー当時、島田さんはラジオ番組でダウンタウンのお2人と共演していて、

浜田さんはいつも“たい焼き”を買ってくれるなど優しかったそうです。

それに対して、松本さんはぶっきらぼうだったと語っていました。

そして、ある時期のこと。

島田さんはスランプに陥ってしまい、ラジオでオンエア中に突然「辞めます」と宣言したのです。

これを受けた浜田さんは「辞めろや、お前!辞めたらええねん。席一個空くわ!」と高笑いし、ネタにしたそうです。

浜田さんらしいですね(笑)。

何だかんだ言って優しい浜田さんだったら引き止めてくれると思ったのに・・・。

と思ったら、なんと引き止めてくれたのは松本さんの方だったとのこと!

松本さんは収録後に一度帰ったのですが、車のキーを片手に島田さんの元へ戻ってきてくれたそうです。

そしてそこで、こんな言葉をかけてくれます。

「タマ、辞めんなや。この世界いろいろあるし、今ケツ割ったらあかん。」

このエピソードを聞いて今回のロケに同行していたお笑いコンビ・ミサイルマンの西代洋さんは、

松本さんと浜田さんのどちらの言葉で引退を踏みとどまったのかを質問します。

すると島田さんは迷うことなく「120%、松本さんを信じて生きてきました」と、松本さん派であると発言。

さらには「そのときから浜田さんはロボットなんやって・・・」と、ぶっちゃけ発言も(笑)。

これには浜田さんも大笑いしていました(笑)。

とはいえ、浜田さんが優しいことは世に広く知られていますし、

松本さんと浜田さんがそれぞれ違ったタイミングで気遣いを見せることで、絶妙なバランスが取れているのかもしれませんね!

出典元:Twitter/grape

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑