憧れのバンドに呼ばれてステージに立ったファン→その時、会場が激しく熱狂する!

3,720 views

アメリカの人気パンク・ロック・バンド『GREEN DAY』。

『ブールバード・オブ・ブロークン・ドリームス』は2005年にリリースされ、

ロックバンドとして史上初となるグラミー賞の最高賞『最優秀レコード賞』を受賞し、

絶大な人気を確固たるものにしました。

そんな彼らのライブで起きた出来事が、話題となっています。

2016年10月23日にシカゴで開催されたライブ中、

ボードを持った1人の青年がボーカルのビリーさんの目に止まりました。

そこには、「『ドゥーキー』の曲なら、なんでも演奏できる!」と書かれていました。

ちなみにドゥーキーとは1994年にリリースされたアルバムです。

1995年のグラミー賞で、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しています。

そこでビリーさんは彼をステージに上げ、ギターを手渡しました。

普通の人なら憧れの大スターに会えたことでさえ興奮と緊張が止まらなくなりそうな状況ですが、

この彼は違ったのです。

さて、彼がとった行動とは・・・。

day

ピンク色の髪で自信たっぷりの表情の彼は、いつかこんな日がくると信じていたのでしょうか。

日々練習していたに違いありません、

楽しそうに演奏しはじめました。

そんな彼の姿に、会場のファンも大興奮!

ボーカルのビリーさんだけではなく、他のメンバーの方々も彼の演奏にのっていきます。

会場を盛り上げて興奮の渦に巻き込んだ後、彼は観客席に戻りました。

この彼に対して、ネットの意見は、

「なんてラッキー!自分も一緒に演奏したい。

最高のライブだった。

『GREEN DAY』のファンじゃないけど、彼らの対応が素敵!」

など、夢を叶えた青年をうらやむコメントが殺到しました。

誰でも憧れのアーティストがいて、いつか共演してみたいと思う気持ちがあると思います。

その思いが通じた時、無駄にせず思いっきり楽しめた彼の度胸を筆者は羨ましく思います。

出典元:YouTube

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑