まだ世界では人種差別が残っています。

特にアメリカではこの人種差別がまだまだ根深く残っているようです。

今年2016年にアメリカで大統領選挙が終わった直後、

アメリカのサンフランシスコからメキシコに向かう途中のユナイテッド航空機内で乗客同士の言い争いが起こりました。

原因は大統領選挙についての意見の対立でした。

興奮した乗客が人種差別に関する発言をして騒ぎは大きくなりました。

そんなとき、この喧嘩の救世主が現れました。

その救世主のおかげで喧嘩は静まりました

救世主は、このコックピット内にいた機長でした。

機長は自ら、機内アナウンスで喧嘩の仲裁に入りました。

「誰もが自分の意見を持っていることは理解していますし、結構だと思う。

もしあなたがトランプ氏を支持するならそれもいいでしょう。

また支持しないならそれも理解できます。

しかしながら私がお願いしたいことは、人は他人の決定をお互いに尊重する共通の礼儀正しさを持ってほしい、

そしてこの3時間半のフライト中、心地のよい時間を過ごしてもらいたい。




誰も言い争いはしたくない。

誰ひとりも、です。

言い争いによって自らの考えを変える人はいません。

今のこの特別な時間は、私たちの意見は心にしまっておきませんか。

もし、私のお願いに異論がある方、

ご自身の意見をぶちまけたり、わめき散らしたり、怒鳴ったりしたいという方は、

明日の別の便にご搭乗ください。

あなたはこの便に乗るべき方ではありません。

ご理解いただけたら幸いです。」

乗客者たちは拍手をしました。

その後、喧嘩で暴言を吐いた人は相手に謝罪をしました。

人種差別だけで人を判断するのはよくないことだと思います。

早くアメリカでも人種差別がなくなってほしいですね。

出典元:youtube