今回ご紹介するのは、体中に不気味な腫瘍ができてしまった1匹の「犬」のお話。

ご覧ください。

痩せ細った体に、痛々しい腫瘍が数多く発生しています。

これは癌性の腫瘍です。

この野良犬の名はホビー。

餓えた状態のところを保護されました。

ボビーが発見されたメキシコシティーには、100万匹以上の野良犬が生息しています。

そのため、野良犬を見かけることはそれほど珍しくありません。

2015年2月のこと。

街の住人が1匹の野良犬を発見するのですが、他の犬とは比べ物にならないくらいとても痛々しい姿をしていました・・・。

飢えで体が痩せ細っているのが分かります。

そして何よりも印象的なのが体中の腫瘍。

急いで街の住民は、動物保護の活動をしているダリア・ガメズさんの元へ犬を保護してもらおうと連れ出しました。

さっそく保護をしたダリアさん。

名前をボビーと命名しました。

これが、ボビーとダリアさんの出会いとなります。

ダリアさんは、ボビーをすかさず動物病院へ連れて行きました。

そして、体を隅から隅まで診察してもらいました。

獣医師が出した答えは、まず年齢は2歳くらいとのこと。

そして「癌性の腫瘍」が全身にできており、化学療法が必要だということでした。

実はこの治療には副作用があり、ボビーに治療を耐える体力があるかダリアさんは心配したと言います。

治療の間、ダリアさんは家でボビーと共に暮らし始めました。

そしてその様子をネットで公開しました。

ボビーはダリアさんに心を許しているようですね。

すっかり安心している様子です。

しかし、やはりあの腫瘍は痛々しく目に入ってきます。

その後、ボビーは化学療法を2ヶ月の間に8回もこなしました。

これは健康なワンちゃんでもキツい量なのです。

つらく苦しい治療を懸命に続けた結果・・・。

どうでしょうか!

弱っていた体は回復に向かい、全身に美しい毛が戻ったのです!

すっかり回復したボビーは、どこでも跳んだり跳ねたりと生きることを謳歌しています。

近所では人気者になり、ボビーの姿を一目見たいと人がわんさかと訪ねてきたそうです。

すっかり回復したボビー。

そして、ダリアさんは引き取り手を探すことにしました。

ボビーとのお別れは寂しいものです。

ですが、元気な犬として新しい家族と共に生きていくことを、ダリアさんは心から祝福したに違いありません。

出典元:lenon